【リサイクル豆知識 vol.2】家電リサイクル料金はどこがお得なの?

ぶっちゃけ!家電リサイクル料金安いところを教えます。

家電4品目

家電リサイクル法(2001年4月1日施行)によって、テレビ・冷蔵庫(冷凍庫)・洗濯機(衣類乾燥機)・エアコンの4品目は廃棄時に消費者がリサイクル料金と収集運搬料金を負担することになりました。

そこで、費用負担についてお話いたします。
家電リサイクル料金は全国どこでも同料金ですが、収集運搬料金は販売業者や引取り業者によって料金が違います。

そこで、どこがお得なのかを教えます。
こんなこと言って良いのかわかりませんが、『家電量販店がお得』です!

地元の電気屋さんやウチのようなリサイクルショップでは、家電量販店のようにルート配送をしていません。
つまり、リサイクル家電の引取りは依頼毎にお伺いする事になります。
冷蔵庫を搬出するのに2人は最低必要です。近所ならともかく遠くまで2人で冷蔵庫を引取りに行って大型家電量販店さんのように500円などで出来る訳がないのです。

収集運搬料金(税別)2015年4月現在 (別途:リサイクル料金が掛かります)
量販店 商品購入・店頭持込みの場合 引取りのみの場合 備考
ヤマダ電機 500円 2,500円 内階段2階下げ料金
1,000円
ビックカメラ 1,500円 購入台数を超えた場合
2,500円
ヤンマー製エアコン
9,000円
エディオン 1,000円 2,000円  
ケーズデンキ 500円 3,000円  
地元の電気屋 1000円〜3,000円 2,000円〜6,000円 大きさや搬出状況による
リサイクルショップ

残念ですが、家電リサイクル料金は家電量販店がお得!なのです。

しかし、リサイクルショップは家電リサイクル料金を支払わなくても「買取り」をしています。
つまり、お金を支払わないばかりか、お金をもらえるのです。
(もちろん、再販可能な場合ですよ)

結論!
家電4品目(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン)を買取り可能なのかをリサイクルショップ(まんでがんセブン)で確かめる。
買い取れない場合、家電量販店で回収してもらう。

家電回収

  メールフォームこちらをクリック!  
サブコンテンツ
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

アーカイブ

このページの先頭へ