【店休日のお知らせ】10月27日(水)は店休日となっております。お問合せ対応は28日(木)からとなります。

SDGsへの取り組み

SDGs達成への取り組み

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

引用:外務省 SDGsとは?

ウイルパワーのSDGs達成に向けた取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)の実現へ
ウイルパワーはリユースを通じて未来へつながる社会を目指します。
経営理念「地球にやさしい生活応援団」を掲げ、SDGsに取り組んでいます。

つくる責任つかう責任

リユースすることがカッコいい社会に!
(ゴミをプラスに変える)

リユース・リサイクルビジネスを通じて、環境に経済に持続可能な社会を推進

・不要品を徹底的にリユース・リサイクルすることで、環境負荷及び処理費用の削減

・中古品の国内販売はもとより、国内で再販できない大型タンスや中古食器などを必要としている国や地域へ輸出し、安価で状態の良い中古品を現地に提供し生活向上に貢献


住み続けられるまちづくりを つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

リユース・リサイクルへの取り組み

資源リサイクルステーション 資源リサイクルステーション2

・空き缶(スチール缶・アルミ缶)、古紙、古着の回収を行いリサイクルすることで、ごみを減らし、使い捨て型の消費を見直すとともに、資源・エネルギーの節約を推進

資源ごみの回収量・収益金の詳細
リユースマン丸亀・倉敷 合計値(2014年5月〜2021年7月)
アルミ缶:
22,370kg
スチール缶:
12,723kg
ペットボトル:
5,626kg
ダンボール:
187,606kg
新聞:
123,312kg
雑誌:
179,464kg
古着:
104,035kg
資源リサイクル
合計:635.1トン
リサイクルステーション(再資源化)による収益累計額:3,671,976円
※収益金の30%を福祉活動に寄付。残額を高齢者・障がい者雇用に活用

CO2削減POP CO2削減POPが貼られた商品

・当社では2012年から、店頭にて販売しているオフィス家具に「リユースによるCO2削減数値(カーボンフットプリント)」を表記し、CO2削減の啓蒙・可視化を行っています

古材リノベーション 古材リノベーション2

古材リノベーション家具 古材リノベーション家具2

・リユースの良さを!古材や廃材を利用したリノベーション家具の作製・販売

二福科小学校の社会科見学 二福科小学校の社会科見学2

・近隣の小学校社会科見学の受け入れ
2011年より毎年、近隣の二福小学校の生徒さんたちの「まち探検(職場見学)」により、当社の事業活動を通じて「リユース・リサイクルの大切さ」を伝えています。


すべての人に健康と福祉を 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう 住み続けられるまちづくりを

障がい者雇用・福祉活動への取り組み

・普段ならゴミとして廃棄されている空き缶・古紙・古着の分別回収を行い、リサイクルによって得られた収益金を活用し、障がい者・高齢者雇用や福祉活動に役立てております。

地域のひとたちと一緒に「ごみも分別すれば役立ちへと変わる」ことを実践しています。

累計寄付金額1,075,787円(2021年6月現在)
寄付先倉敷市障がい者スポーツ推進協議会 様
社会福祉法人かがわ総合リハビリステーション事業団 様
岡山県障害者スポーツ協会 様
(公財)日本ユニセフ協会 様 [はしかワクチン4,324回分]

・地域住民の協力により、読み終えた絵本を寄付していただき
北長瀬コミュニティフリッジを通じて、子供たちに寄贈しています。

絵本寄贈数476冊
(2020年11月〜2021年7月現在)

残った収益金は、資源循環作業に従事していただく障がい者・高齢者の雇用に充てられています。

障がい者雇用
延べ従事人数
延べ2,085人:就労継続支援B型(2021年7月現在)

障がい者雇用の様子1 障がい者雇用の様子2

・障がい者雇用を通じて地域の仲間といっしょに働くことの価値を見つける。
倉敷市保健福祉局や香川県障害福祉相談所など地域の障がい者就業・生活支援センターと連携して障がい者の活躍の場を創出


産業と技術革新の基盤をつくろう 人や国の不平等をなくそう つくる責任つかう責任 パートナーシップで目標を達成しよう

海外リユース:廃棄品の価値を創出する循環経済
サーキュラーエコノミー(廃棄でなく活用し環境にも経済にも持続可能な循環経済)

・日本国内では再販できない中古品・不要品を選別し、必要としている国・地域に(タイ・ミャンマー・フィリピン)に輸出

・開発途上国へ安価で状態の良い中古品を供給

・フィリピンでの中古品オークションとの連携による中古市場の安定化

・全国のリユース業者と連携し、開発途上国へ低価格で高品質な中古品を健全に輸出
(一般社団法人ジャパン・リサイクル・アソシエーション)

JRCAフィリピンオークションの様子1
(JRCA FUJISHIRO AUCTION)

FUJI JAPANフィリピンオークションの様子1
(FUJI JAPAN AUCTION)

当社の海外リユース事業が、国の機関であるJETRO(日本貿易振興機構)の公式情報番組にて紹介されました。

世界は今 -JETRO Global Eye
↑世界は今 -JETRO Global Eye(これまでの番組 2019年5月9日)にて動画をご覧になれます。


● 内閣府がSDGsを促進するために設置した『地方創生SDGs官民連携プラットフォーム』に参画しています。
官民連携により、リユースを通じた地域に根差したSDGs活動を行っていきます。
地方創生SDGs官民連携プラットフォーム

● 環境省が環境インフラの海外展開を支援する『環境インフラ海外展開プラットフォーム』に参画しています。
廃棄されるモッタイナイ商材を開発途上国にて、資源循環させ、環境と経済の両面で貢献していきます。
環境インフラ海外展開プラットフォーム


ウイルパワーのSDGs重点領域目標

当社ではSDGsに取り組むにあたり、2025年までの目標値を策定しました。

【2025年までの目標値】 資源ごみの回収量(リユースマン倉敷・丸亀 合計値)
アルミ缶:
43,000kg
スチール缶:
25,000kg
ペットボトル:
10,000kg
ダンボール:
340,000kg
新聞:
245,000kg
雑誌:
330,000kg
古着:
150,000kg
資源リサイクル
合計:1,143トン

【2025年までの目標値】 障がい者雇用 延べ従事人数
延べ4,500人:就労継続支援B型

#SDGs #リユースマン

  メールフォームこちらをクリック!

このページの先頭へ