”人間国宝”酒井田柿右衛門の珈琲碗と香爐を入荷しました!

有田焼(赤絵磁器)の最高峰、「柿右衛門」窯元十三代酒井田柿右衛門の磁器商品が入荷しました!

柿右衛門様式の特徴と言えばなんといっても「濁手」と呼ばれる乳白色の素地かと思います。

一度は歴史から途絶えてしまった「濁手」を復興させたのが、今回の十三代酒井田柿右衛門さんとその父である十二代酒井田柿右衛門さんだそうです。

 

そんな柔らかな乳白色に赤色の柿と美しい模様がとても映えます。

柿右衛門様式のもうひとつの特徴、余白の美が情緒的であり、美しさをより際立たせます。

珈琲碗の6客揃えは少し珍しいかも?

 

こちらは龍地文の耳付香爐です。

迫力ある龍の模様と青色が美しいですね。

 

まんでがんセブンでは、柿右衛門、今右衛門、富本憲吉、加藤土師萌など作家物色絵磁器をしっかりと買取りさせていただきます。

売りたい、買いたいなど気になる陶磁器がございましたらお気軽にご相談ください。

 

スタッフ:まっきー

  メールフォームこちらをクリック!  
サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

このページの先頭へ