6月1日(木) まんでがんセブン高松店 移転オープン!!

またご利用頂きました!一軒家回収&古備前の大甕を買取!

ども、マサやんです!

GWも明けて、次々とお仕事が入ってきております今日この頃。
体がうれしい悲鳴を上げております。

今回は三豊市へ一軒家の中全て、買取&回収作業へ行ってまいりました。
ご依頼者様は以前にもお問い合わせいただき、納屋の中のお片づけを行っておりました。
今回は母屋と離れ、家の裏にある小屋、さらに納屋に残っている物全てを対象として買取&回収作業をご依頼受けました。

当初は2日間かけての作業を予定しておりましたが、
費用削減とお客様のご都合も考え、1日での作業完了を目指しました!
そのため協力会社にも助力要請、スタッフ総勢11名での大作業!

小屋の不用品回収車庫 不用品回収車庫 不用品回収車庫 不用品回収ダイニング 買取

 

ひたすらに不要品を搬出していきます。
ただ運ぶだけではなく、鉄資源や木材は分別して回収します。
木材 分別 鉄資源 分別

分別しなければただのゴミ。
分別すれば”資源”としてリサイクルができるのです。
もちろん分ける手間は増えますが、ゴミの費用削減もできますし、
環境にも優しい、お得でナイスな方法です。
分別こそが私たちの一番のお仕事なのです!

あいにく雨の中での作業となりましたが、作業は1日で無事終了。
最後に掃き掃除をしておしまいです。
作業後清掃

↓今回の作業 ビフォー&アフター↓

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

ビフォーアフター

 

今回買取させていただいた中には
古備前の三石大甕がありました。
移動にも一苦労でしたが、スタッフ全員でファイト一発!

古備前 三石大甕古備前 三石大甕
張った肩から口までまっすぐな仕上りが迫力があってカッコいいですね!
残念ながらキズありでしたが、買取対応させていただきました。

骨董の世界でいう「古備前」とは?
平安時代末期から江戸時代初期までに作られた備前焼を「古備前」と呼んでます。
こちらの大甕は「室町時代末期から代々伝わる三石大甕である」と碑に掘られておりました。

お客様の声アンケートにも「対応が親切」「満足している」と
嬉しいお声を頂いております!
お客様の声

 

リユースショップまんでがんセブンは、中古品や骨董品の買い取りをするだけではありません。
不要品がありましたら、価値がわからなくても、対処方法がわからなくても、リユースショップまんでがんセブンにご相談くだされば大丈夫です。
お客様とお話しさせていただき、ご要望に合わせた対応をさせていただきます。

不要品でお困りでしたら、リユースショップまんでがんセブンまでご相談ください。

スタッフ:マサやん

  メールフォームこちらをクリック!  
サブコンテンツ
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ

このページの先頭へ