大学病院・裁判所の不要什器 リユース&リサイクル引上げ。

裁判所大学病院の移設や廃館時の不要什器 を

リユース(再販)&マテリアルリサイクル(再資源活用)させていただきました。

大学病院のリユース&リサイクルの様子

病棟内の什器備品の見積りに伺い 依頼主様のご要望をお聞きし

可能な限りリユース・リサイクルでの買取り、搬出作業をさせていただきました。

大きな病棟でベッドだけでも、200台ほどあり 検品・見積りだけでも2人で3時間ほどかかりました。

 

物量が多い物件・案件は、リユース魂が騒ぎ出します。


院内作業となるため、搬出作業内容をお伝えし、スケジュール調整と作業に応じた搬出車両を相談し慎重に作業開始です。

重量物の薬品関連機材の搬出は、重機を入れられないため手運びでの搬出。

搬出什器はリユース(再販物)とマテリアルリサイクル(スクラップ鉄)として可能な限り買取りさせていただきました。

こういった大きな案件は、どうしても「もったいない」が合言葉のようになってしまいます。

(職業病かも?)

スクラップ鉄として買取り。マテリアルリサイクル物品

 

今まで廃棄されていた什器備品をリユース&リサイクルすることのメリットは

大きな物件(案件)ほど、廃棄コストが減るばかりでなく 売却益も発生しますので、

経費削減の効果が大きくなります。

過去にも、行政施設・公共施設の備品什器の買取り・回収業務の実績もあります。

どんな形のご要望でも、出来る限り 満足していただけますように努力いたします。

地球とお財布に優しい仕事をいたします。

オフィス家具・店舗用品 買取りの詳細はこちら

  メールフォームこちらをクリック!  
サブコンテンツ
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

このページの先頭へ