「王様のレストラン」に見るチームワーク

クライマックスを迎えているNHKの大河ドラマ「真田丸」の脚本家、三谷幸喜氏の作品に「王様のレストラン」というテレビドラマがあります。

王様のレストラン

1995年にフジテレビ系列で放送されたもので、あらすじは「落ちぶれた元一流フレンチレストランを、かつてそこで働いていた伝説のギャルソン(給仕/ウェイター)が復活させていく」という内容です。

三谷作品は脚本を書いてから配役するのではなく、演じる役者を決めてから脚本を書く「当て書き」というスタイルで、脇役に至るまで役者の個性を活かした魅力的なキャラクターが登場します。

そうやって創造されたレストランの従業員たちは個性的で時には衝突することも。「伝説のギャルソン」が舞い戻ってきた当初は、みんなやる気が無く彼に反感さえ抱いていますが、彼の改革と、様々なトラブルを全員で対処して行く中で、いつの間にかバラバラだった従業員達がまとまり、チームワークができてきます。

毎回レストランで起こる事件を喜劇として描いていますが、ヒューマンドラマでもあります。スタッフが成長し、団結し、一流の店に近づいて行く姿には感動を覚えます。このレストランのようにまんでがんセブンもなりたいと思いました。

放送当時からこのドラマが大好きで、再放送、DVDと何度も見ていたのですが、なんと!このドラマにパティシエ(洋菓子職人)役として出演している梶原善さんは、弊社社長の江川と高校が一緒だったそうです!奇遇ですねぇ〜。

byそに〜

  メールフォームこちらをクリック!  
サブコンテンツ
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

このページの先頭へ